男とロマンと時々機械

Simpson ヘルメット・車・バイクの話が多いかも。これに徹しよう! http://nyanderland.blog.jp/ 猫 http://siroshiba.blog.jp/ 白柴   http://botanic.blog.jp/ 植物  分岐させていきます。 よろしくお願いします。

タグ:LOKI

 さてさて、記事が増えるとは思わなんだ。
OGKの60cmは一択 Lサイズです。 S/M55-58 L59-60 XL/XXL60-64 自分で調べてくれ!といった具合かな? 
Norixの出したSimpsonに関しては、M54-58 L 58-62 XL62-65と言った具合で分かれています。
 で、私はLサイズのチョイスとなります。 
それぞれのメーカーがサイズごとに帽体を準備しています。

 簡単にではありますが、サイズ比較とインレットアウトレットなんかも見て頂ければと思います。
フロントから
P2020247

 OGKは鋭角が多く見られ、Simpsonは丸みを帯びています。 バイクメーカーでの違いにも似ています。

 トップビュー
P2020248

 OGKは丸型、Simpsonは楕円っぽく感じます。 エアの流れは私には分かりません。

 バックビュー
P2020246

 コレに関しては、ゴチャゴチャしてる感じのOGKが良いなぁ・・・・・ シュッとして流麗感が好きならSimpsonかな
 
 サイドビュー これが最後の写真になります。
P2020249

 サイズとしてはほぼ変わらない感じですが、私の視感ではLOKIが小さく感じます。

 それぞれがいかつさがあったり、なだらかなカーブを描くデザインであったりとカラーバリエーションの違いも大きいかと思います。  LOKIは現在トリコロールのみとなっています。OGKは7種類くらいあったと思う。

 ただ! 内装に関してはLOKIにOGKのが付きそうではあります。 この辺は実際に使用されてる方のレビューがあれば、換装出来る出来ないってのは普通にあるとは思います。 Bellさんも出してたはずですが、今回は予算の都合もあって、買っていません!
 Norix TraderHouse共に、内装に関しては現在情報が少ないです。 流行りものになるのか、定番となるのかはチョイスするユーザーさんに委ねられるかとも思いますが、この商品は一般的には売りに出さず、ほぼ!直送でしかゲット出来ない商品かもしれません。 業界色々あんのよ!!

 モーターサイクルに乗るけど、自転車も乗るってSimpsonユーザーには一度手にとって欲しいとこではあるのですが、取扱店が無いのが厳しい現状ではあります。 
 行きつけなり、知り合いが居るようであれば取り寄せは出来ると思うのですが、その辺は皆様の判断にお任せいたしますよ!

 さて、何故にOGKなんて買うんだ。 このファッキン インポ野郎って声が聞こえたり聞こえなかったり。
何故にOGKを買ったかと言うと、しかもいい値段の奴ですよ? プロ用っぽいのですよ?

 比較したかったからに決まってるぢゃまいか
トレーダーハウス直送です。

Certificate
CE基準適合
Size
M 54〜58cm, L 58〜62cn, XL 62〜65cm
Color
Tricolor
Suggested List Price
¥28,080 (本体価格¥26,000)
P2020229

 
 バイク用と同じスタイルの外箱
P2020230

 OGKのはマッハで捨てたけどこれは捨てれない

P2020231


 持ち運び用にもなる ヘルメットバッグが付いています。 OGKは付属なし 別売りかもしれません。
P2020232

 めっちゃSIMPSONアピールしています。

 ヘルメットの内装生地と似たスタイルのバッグ生地です
P2020233


 サイドビューから 左
P2020237

 右は撮ってなかった。 左右対称のデザインです。

バックビュー
P2020234

 OGKとは角度が違うのは御容赦下さい。
斜め後方から
P2020238

 トップビュー
P2020236


 フロントビュー
P2020235


 Simpson Norixの製品となりますが、実はこれアメリカ本社から自転車用ヘルメットを作って欲しいと言われていたそうです。

 後頭部の調整ダイヤルはOGKと似た感じで締めてくれます。 
OGKでは付属だったメッシュ生地のインナーは装着済みで、好みで使ってね!という感じです。
Simpson OGKそれぞれに付属物が違いますが、重量的にも変わらなくて良いんじゃない?
 なんだかんだ言っても、カッコつけるならSimpsonかなぁ。 競技にも使える様規格も通してありますので、私のようにチョイノリだけでなく、本格的なレーサーにも似合うかと思います。


このページのトップヘ