男とロマンと時々機械

Simpson ヘルメット・車・バイクの話が多いかも。これに徹しよう! http://nyanderland.blog.jp/ 猫 http://siroshiba.blog.jp/ 白柴   http://botanic.blog.jp/ 植物  分岐させていきます。 よろしくお願いします。

タグ:パッド

こればっかりは仕方ないのだけどね。
ランドクルーザー15万キロ
ハイゼット14万キロ
よー走っとる。よー疲れとる。

ブレーキ踏むとハンドルからよれる。
って事で仕方ないので、ブレーキディスクとパッドを交換しましょい!
部品代はどちらも変わらんのだ!

ディクセルのSDと言うスリットの入ったモデル。
パッドは少し良いやつ!

普通に止まれれば良いけど、もっとフィーリングの良いブレーキに変えよっかな?的な

制動力を上げようと思うならば昔も書いた気がするけども、ディスクの大径化が一番効く。
余裕ない!ならば、キャリパーのフォーポッド化、もっと金ないならパッドの交換。
んでもね、ディスクが凸凹に減ってたら意味無いので、ローター研磨も有りですよ? ローターの削り代が無ければ交換だけどね。
純正は高いので、ディクセル。
色々あんだけどさ、簡単に言うとOEM
詳しくは書けないけど、純正が一番良いのだがブレーキローター作ってる会社ってそんなに無いよ?
パッドも然り、アケボノとかいいよ? プロ●ゅーとか、う●っずとか、色んな会社が出してるけど作ってるメーカー一緒だからね?
確かに味付けは違うけど、作ってるのはゴニョゴニョだよ。
パッド変えて効く!って感じるのは立ち上がり制動なのか、奥でコントロールしやすいのかとかさ、
コースだと800度とかなっちゃうから、そのスピードを殺せる能力いるよね!
普通のパッドなら剥がれる可能性もあるんで、高耐熱性の素材を使って接着してる。
話が逸れた!
んでまぁ、ディクセルのスリットモデルをランクルとハイゼットに入れるのだけど、ほぼ意味無い!
両方とも120kmも出せばエンジンがキツイ。
じゃあなんで?となると?
見た目が好きだから…
ドリルドローターも良いなあとか思うけど、そんな放熱性とパッドとの摩擦力は要らない。
山道走らせてさ、ディーゼルと軽自動車がローター真っ赤になる程走らせません。

たまーにゴム臭えなぁと思う位。ブレーキよりもタイヤ使っとる。
それ故 ブレーキは踏むし パッドもローターも減る。
ローターは後10万キロは変えんで良い。パッドは消耗品だけど三万キロは楽勝で持つはず?
若い頃の話は聞かないで!

ハイゼットのローター&パッドの交換工賃は7500円だったので頼もうかななんて思っています。片側7500円なら自分でやる!
ランクルは大変だから、頼む!

 朝から暑いよ! そんなときは、引篭もろう! 今日は朝からのんびり過ごしていました。

 SIMPSONのヘルメットの事でメールのやり取りさせてもらって、その後電話にて色々聞かせてもらい勉強になりました。

 

 まずは私が買ったのはSpeedway RX10 Freestop販売記念の限定モデル NorixさんのHP http://www.norix.ca/jp/simpson/rx10/

 で。限定60個 国内物で、日本サイズって事で売り切れる前に60cmを購入したまでは良かったんだけどなぁ かぶったら大きくて、どないしよーって思ってたんです。

 飾る目的で買ったので、気にせんで良いかな?って思えたら、それは幸せだったんですけど、気になるものは仕方が無いので 販売店さんと、取扱店に電話しました。

 発売したばかりで情報がすくないっぽくてどこも詳しくない。 この時に北海道に電話しとけば良かったんだろうか?とか、今更思うわけだったんです!

 ここまで探しに来る人は分かると思うんですけども、掲示板に書き込みをしてましてメール頂いたんです。それはもう丁寧な対応でびっくりしました。

 日本のNorix代理店である トレーダーハウスさんに新型のDIAMONDBACKのポスターをお願いしたのと、そっちに連絡してくださいとの事で、電話してみました。北海道は札幌までっ!

 今留守にしてるんですよーって、あー 残念です。とか思いながら、連絡先と名前を告げておいたらかかってきました。んでもって、すっっっごい いい人で楽しくお話させてもらったんです。 そこで聞いた情報なんですが、

 

 帽体は同じものを使用。シェルサイズですね。内装が1cm刻みとなってるのはEPS(ヘルメット内部の発泡スチロール)のサイズから違うそうです。アライ ショウエイは帽体のサイズをいくつか持ってて、それぞれに内装とパッドが設定されてます。

 ダイアモンドバックにかんしてはスモールとラージが確認出来ていますけど、どこからどこまでかは不明です。

 まま ヘルメットを北海道に送り飛ばして、EPSと内装の交換。その辺をやってくれるとの事でしたので、対応に関しては非常に満足です。

 これからも愛され続けるシンプソンであって欲しいと思います。

このページのトップヘ