昨日やっと保険屋が来て、これだけ先に支払わせてもらいますとの事で懸念事項はどこいった?って位簡単に済んでしまいました。 

 総額が1500万弱に上った形状であるのですが、8:2という形で、1200万弱。そこから自賠責やらなんやらを引いて960万ほど、ここに弁護士料が10%で1050万の判決となっています。最初と変わらずでした。
 いくら出てきたかは書きません! ただ保険会社の解釈上では9:1となりました。

 で、保険屋から支払われたのは良いのですが、判決に基づいて差し押さえとなりますが、判決が下りてから時効は10年だそうです。 今後10年間公的な場所に立たずに生活していけるのかが気になります。今23-4のはずですから、34までニートなんて出来るのかな??

 なんでここまでやるのかというと、言われた一言

「お前だけで済むと思うなよ」 
 言われたのと同じ事をやっちまいます♪

 残った金額に関しては、私の債権となり、支払われた金額に関しても保険会社の債権です。年利5%の状態で金利は加算されていきます。 

 田舎ではありますが、土地持ちの家庭なので今後が楽しみです。 これからは登記やら個人資産について調査が入っていく模様です。

 興亜損保昨日来ていて、ポカがこちらから指摘されています。 ちゃんと勉強しろよ!! 昨日も言っていました。
自分が入ってる保険だからといって、安心は出来ません。

 ちなみに傷害慰謝料、後遺障害慰謝料は申告でずいぶん変わるみたいです。 バリアフリー化する金額も出てくる事があるらしいのですが、この辺は等級と裁判官の判断に委ねられるみたいです。 保険屋、弁護士任せにせずちゃんと申告して、気になるとこはしっかり抑えて下さい。
 しっかり調べて言わなければ動かないのが、法律と保険屋です。 答える必要のない物には答えないですし、言わなくても良い事は言ってきません。

 債権回収業者もその筋ですから、当たれるとは思うのですが債権の委託はしないにしても調査関係は任せるかもしれないとの話も出てきています。
 私の知り合いは・・・・・・・非合法なので使いたくありません!