男とロマンと時々機械

Simpson ヘルメット・車・バイクの話が多いかも。これに徹しよう! http://nyanderland.blog.jp/ 猫 http://siroshiba.blog.jp/ 白柴   http://botanic.blog.jp/ 植物  分岐させていきます。 よろしくお願いします。

ブログ分割
犬 http://siroshiba.blog.jp/
猫 http://nyanderland.blog.jp/
植物 http://botanic.blog.jp/

賃貸物件の給湯器がお湯が出ないとの事で見に行くと、エラーコード14が出ています。
温度ヒューズ切れの可能性がとても高い! なんせ古いもんでね

西部ガスは部品が出ない 出さない。◯ロマも同じ見解。
ヒューズの作動温度は何度ですか?と聞いてもあーだこーだ言いながら社内秘密とかほざく。

ヒューズの場所を確認して直結すると、正常作動したので!
部品を外して分解です。かほ無線に電話して商品があるかどうか確認して行ってきました。

ヒューズを含むカードはプラスビス一本で金具で固定されています。

90A93E60-768A-4AF8-917C-763C6CC9C400


プラス4本で止まってるカバーを外したら多分!すぐにわかります。
温度は188度の物が付いていました。 2Aでしたが10Aのものしか無く、容量もあるし切れる温度は変わらないので、既存の配線を使って修理します。
341F76FC-E184-43E4-AE0F-55ED93B17D58

古いヒューズ

662F92B0-47B3-44E3-828C-3C0210237432

190円かな? 足がだいぶ長く、サイズも大きいです。
BC222A68-2342-48AF-A3E1-55C79B1DE7E2


スリーブを使って圧着ペンチで締め込んで行きます。 抜けなきゃ良いのよ。本当のところ
B7B1FDD9-EB52-4762-85CF-2DB7EC938755

配線は生きてるのを確認したので、余計な買い物ですが次のために配線と透明な収縮チューブ、外皮、スペアのヒューズ 次に同じ様に切れても安心セットっすな!
96638EF1-434F-4D91-A6F8-398C8BF78BE8

最初はあるもので何とかなるさ!ってベッセルの板ラチェでやってましたが、ギアの枚数が少なくてノッチが掛からなく苦労したので! ファクトリーギアに行ってみるとギアレンチの良いものが見つかった!
ある程度の長さも必要なので締める時は楽勝でした。

配線を作ったら金具にアルミテープを貼って配線とヒューズを固定。
余ったテープはカットしてネジの入る穴もカッターでぐるっとカットです。
195BD2BD-8BFD-4E93-90CC-DCE95AD46CC0

スリーブの圧着にはリグツールの圧着ペンチで上等でした。

温度ヒューズ交換 難しくはないですよ。

毎日一生懸命ですが、身体は悲鳴をあげていました。
坐骨神経痛はまだまだ治療中ですが、どうにも具合が悪くて揉みほぐしてもらおうと揉みほぐしマッサージ60分行ってきました。 肩と腰がガチガチらしいのですが、痛みとしての自覚症状が無く問題あり。
痛み止めは飲まない生活に切り替えてから随分経つのですが、困ったもんです。

今年は卒業生も多く数年ぶり?に空室ができました。 とても多くの方が国家試験に合格してくださり、感謝です。 ハンデを持った方もいらっしゃいますが、預けて良かったと言う言葉が聴けるのはとても嬉しく私の生活のバネになります。 奇しくも来年にチャレンジ!という方も居ます。頑張ろうね!何か困ったら連絡して下さいね!といった会話もまた私自身も頑張らねばと奮い立たせてくれます。

良い方向に考えなければやっていけないのですが、プラス思考かマイナス思考かで物事の考え方が随分と変わります。
C3FD5CB4-6B7A-4351-998F-88E689B45278

卒業の時期に咲く陽光という名の桜。 桜自体はまだ若くそこまでの人数を送り出しては無いのですが、玄関に置いておくと喜ばれました。
入学式シーズン用には楊貴妃という八重咲きが今待機中です。
学生と共に歩む人生も悪くない。年に一度 一週間 1日限りその為に毎日世話をするのはとても大事な事だと改めて気付かされます。

確定申告が無事に終わりました。
血圧上昇や睡眠不足の元のストレスも無くなり、後は坐骨神経の問題。
今年は卒業生が多いのと、例年になく申し込みが少ない。
国公立の発表待ちも多いかと思います。
医大での不正問題や、女性医師の離職率を鑑みての大学の判断では有りましたが、日本中の医学部にダメージを与えたかと思えます。

白拍子 幸若舞の ジンカン50年
自分のプランニングでは後一年で楽になる予定。
少子高齢化や 地方からの都会への乗り入れ、過疎化して行く地方

様々な考えが頭をよぎりますが、まだ纏まらないのが本当のところ

8月に検査入院をする事になりますが、その時の結果次第では薬も減らせるかなと思います。
先日血液検査をしましたのでその結果も鑑みてコレからの設計をしないといかんですね。

我が家の子として迎え入れる事になりました。
体重はメキメキ増えて870グラム
1702E68E-C7B5-4746-96A6-E1C4BA6BA47D


まだまだ太りそうな予感です。
今では強制給餌の必要も無く、冷凍ヒヨコを凍ったまま食べる程に回復しました。
レバーは気に入らない様子で… 廃棄しないといけません。勿体ない
福岡市条例では野生鳥獣保護の観点から、野生のフクロウは保護 飼育が禁止されています。
3B180100-C779-44DE-9DF0-CF17110F8547

機関からの正式な受領書
ウラルアウル=日本で言うフクロウなのですが、人に懐いてると言うか人を怖がらない子なので、飼育個体の可能性が否定出来ず、輸入個体の場合は自然に戻す事でDNAの変化があるかと思われます。

フクロウは割と拾われやすい個体では有りますので、動けないようなら一時保護後自然に戻す事が望ましいです。 カラス スズメ ツバメなど野生の子は野生に戻すのが一番です。

うちに来たウラルアウルは飛行する力も無く人も怖がらない性格故に飼育個体が逃げた可能性も否定出来ず、警察では餌の供給もままならず私の元にやってきたのではありますが、なんとかなりましょう。
215A9A4D-F11F-4545-A7DB-5059476BF76C


こうして見るとモリフクロウにも見えますが、サイズが違います。
尾羽がボロボロなのですが今では元気に室内を飛び回りあちこちに糞を撒き散らしています…
39EB42DA-39FA-419D-9B7B-C4808678E53C


足環を付けても暫くは良いのですが、気になる様子なので今は外しています。
夜間外に連れ出しても、飛び立つ事もせず

愛着が湧くのでまだ名前がないけれど、外に連れていくのに不安があると言えばある。
FAE7482A-EE46-489D-AFBD-A001D73091A2


革細工や!
で、刻印打って作ってみた。
ジェスはもう千切れてしまった。 革を薄く漉き過ぎたからだな。
6D6B89E6-3A8D-4152-BF11-C9E18B0EEB1B

縁とのツーショット
1A49AE92-A62F-4102-8A90-B6D0BB8CD4EB

体重もだいぶ上がった! 飯もよく食べる!
C03CB520-6132-418E-92AE-60F7658439AA

フクロウは食いだめが出来るからかな? 1日3〜4羽のヒヨコを召し上がります。
飼い主さんが現れない場合、食費は…

写真は余裕が無く撮っていません。
現在はヒヨコをどか食いしています。
ペリットも縁の倍のサイズの物を吐き出したのを確認出来ました。
レバーを与えて食べるかどうか、ハツにしてももう一度与えてみるかな?
病院で測った時には体重が420グラム
現在は620グラムまで体重が増えました。
胃袋に入ってる量にもよるかとは思いますが、通常便 盲腸糞も確認出来ており、現状狭いゲージでの体力温存と冬型の子ではあるものの体温の下降を防ぐ形になっています。
外に出しても見ましたが、手から離れないので足環とリーシュ ジェスとかを作ろうかと思っています。
革細工スキルはあるので何とかなるじゃろ

ピンクマウス三匹を強制給餌して本日動物病院へ
ガリガリに痩せているとの事。胃を動かす薬を出してもらい、水分の摂取をさせるように
内蔵を食べさせて鉄分を補給して下さいとの事で帰り道に鳥の生レバーを購入。
そのまま 40g程度を食べさせてみるものの吐き戻していました。
消化出来てない状態です。
26BEEEFA-CF06-457E-9D3B-47C5A1577C25

ケージに入れて体温の確保をしていますが、毎日がヤマです。
先日は吐き戻さなかったピンクマウスも今日は受け付けません。
レバーを与えて10時間も経ってないので、受け付けてくれないのかもしれません。
糞尿は白い。 盲腸フンも確認出来ました。
通常便が出てないのが心配な部分。
自由にはさせてあげたいけれど、今は体力を温存させたい方向で行きます。
2E57F897-AB90-468A-A4C2-1F5AD1042C7A


この状態でしたが、自分で外に出てきていました。
時間が欲しいです。

人間用のアクエリアスの経口補水液を2倍に薄めて50cc与えました。
明日は食べてくれるものがある事を願うのみです。
ひっくり返して検査をしてると目の下に2mm程度の黒い物体を発見。
恐らくダニです。 ピンセットで摘むと血液が出てきました。
弱ってるとやはり虫がつきますね…
水分 糖分 塩分補給で消化器が働いてくれる事を祈るのみ

詳細は書けない。
が! 行政機関からやってきました。
電話がかかってきて、あーだこーだ どーだこーだ
B3775E5E-06D8-4599-B560-F7FEFC5BCCFB

尾羽
5D15D84B-7243-4E53-913B-EAF9B8C4A6DA

お腹の上で寛ぐ
7C9CB661-157C-458D-8383-F206E4A49905

貧血気味かな? 白い糞ばかりで茶色は見当たらなかった。
盲腸糞もなし、絶食糞もなし、ペリットも無し。
33A1C3E8-8525-4DBC-9A49-0FE4F765A4DA

クチバシの付け根 花の部分まで割れてます。
3F3BDDFD-C349-4661-8159-43DFE7F6014F

人によってはベタ慣れ。私から見れば動くと辛い。 暖かいから落ち着くと言ったところか?
42FDD399-C457-48CE-9263-1DC3927C68ED

主翼も尾羽もボロボロ まだ一齢かな
左胸部かモモ付け根に傷がある。骨なのか羽なのか不明
FE601909-A5A1-49FC-9FA2-EE2BB064CB2C
4E3897BB-697E-4A17-9FBF-5223517925E6


耳の中は綺麗 羽シラミ散見出来ず、ダニの寄生も見受けられない。
CC640D71-E35E-438A-BA3A-41E9C80F3204

食欲はボチボチなのかな? ピンクマウスを一匹突っ込んで、二匹目は嫌がる。
それでも生きてもらわなきゃ困る。 三匹突っ込んだ。
強制給餌が無事終わったと思ったら、ファジーマウスに反応。ヒヨコにも反応する。
食べはしなかったけれど、このご満悦顔

最近はエプソンばかりです。
電池が切れてる様子があったSKAGEN
sr621swを入れて再び時を刻みはじめました。
03D68E0D-868F-40DB-BE44-B7892E4DE357


スマートホンの方が確実なのにクオーツ
機械式 手巻き それぞれに良さが有ります。
電波でソーラーな時計も有りますが、アナログの良さは趣味の数だけ

New Yorkセントラルパークの南側で購入した記憶が蘇ります。
通販も良いけれど、記憶に残るの買い物もまたアナログ的

もっとお爺ちゃんになってから出るものだと思っていた。
尻痛い!から始まり、ふくらはぎもやばい。
マッサージでは治るはずもなかった。
右脚がガニ股になっていて右のお尻が上がってる。
整形外科では痛み止めが出るだけ。
良い整骨院ないかいな。と、大野城まで行こうとしてた矢先に整骨院を見つけた。

絆整骨院。 歩いても10分で行ける距離やし、ダメ元で入ってみよう。
先生と話をして、写真を撮られた、。
現在の貴方の身体はこんな具合に歪んでます。
背骨が歪曲してるので、そこを治しましょう。
音が出る治療は受けた事有りますか?と聞かれて、運動してた時はやってましたねー。
横になって首をパキパキ 背中を起こして背骨をパキパキ 椅子に座ってパキパキ。
骨の位置が決まると筋肉の張りが取れてきます。との説明。
骨 骨 筋肉 筋肉 骨 バランスを観ながらやっていきます。
期間は三ヶ月 週に2回来て欲しいとのお話で、現在6回目。 臀部の中臀筋が固まってるのでほぐしていきますが、電気治療も使ってます。
強烈な奴をかけて反力で戻すのかな? まだ痛いよ!?
背中とお尻を押さえながら骨の位置 筋肉の張りなどを確認してるのかな。
手技にて治療を行いながら色々お話させてもらっています。慎重派らしく独立まではしっかり勉強、臨床をこなしてきたのだなと思わされます。
まだお尻の痛みは取れませんが、骨の位置が戻った事で筋肉が必要な動きを少しずつ取り戻している感覚があります。
今まで肩を開く行動をやってはいましたが、更に開くようになってきています。
猫背と言うか肩が巻いてきてたのが背筋が伸びたせいか呼吸も楽になった気がします
元来 カラテマッチョですので、体幹を鍛えてあるので比較的早目に良い状態に持って行けそうだとの話もあり、まずは体型を元に戻す方向で痛みが取れるなら良いなあ。

以前掛かっていた事故の際の整形外科でコルセットの装着をしていましたが、それで腹筋が弱ってしまってる状況も指摘されました。

もっと早く知ってれば良かった。
今までの整骨院は手技は筋肉ほぐしと機械でウンザリしてました。 詐術する人も毎回変わるしね。
柔術整復師でも当たり外れは大きかったなぁ。

今 筋トレをしても無駄な力が入ると動きがおかしくなるのでやってはいかん。腹筋も整えてから鍛えていきましょうとの事です。

内臓の位置も戻って来るはずなので、健康になれる気がしてきた。
頑張ります。

読みづらくてごめんなさい。

このページのトップヘ